兵庫あおの病院 兵庫あおの病院

兵庫あおの病院看護部紹介
兵庫あおの病院看護部紹介

看護部理念


 私たちは、「心のかよう、やさしい看護」を実践し、患者さまとご家族の皆さまと共に、QOLの向上を目指します。

基本方針「心の通う、やさしい看護」

1.専門的知識に基づき、観察・判断力を養います。
2.安全で苦痛の少ない確かな看護技術を身につけ、丁寧な看護を実践します。
3.十分な説明のもとに、患者さまの「想い」を聴き共に考えます。
4.倫理観を培い、誠実・公平に対応します。
5.多職種と連携・協働し、チーム医療の推進及び地域医療の貢献に努めます。
6.お互いの考えを尊重し、ともに育ち合う仲間を大切にします。

看護部長挨拶

高い倫理観を持ち、患者さまの生活を支えることができるよう、共に成長していきましょう。

当院は重症心身障害児(者)の専門医療施設として、入院患者さまだけでなく在宅支援を含めた包括的重心医療を行っています。また、一般内科・外科もあ り地域の医療ニーズに応えています。 看護部では「心のかようやさしい看護」を提供するために、人材(人財) 育成と働きやすい職場環境づくりを行っています。 患者さまの生活を支えるためには、常に自分自身を磨いて、温かい思いやり を持ってケアする確かな技が必要です。多くの患者さまは自分の思いを言葉で 伝えることができません。そのため当院で働く看護師は、相手の思いをくみ取り心に寄り添えるよう日々努力しています。 患者さまの生活を支えるプロとして、高い倫理観を培い、看護にやりがいと 誇りをもって生き生きと働く看護師は、当院の宝(人財)です。あなたが目指す 看護の場がきっとあります。共に学び共に成長していきましょう。
看護部長 前中由美

看護部目標(28年度)

1. 看護・介護の専門性を高め「やさしい看護」の実践

2. 職員の連携強化とチーム医療の推進

3. 病院経営への積極的参画

4. 働き続けられる職場環境づくりと看護体制の構築

看護体制

■看護単位

6単位 重症心身障がい児(者)病棟4,一般病棟1,外来・手術室1

■看護方式

固定チームナーシング(継続受け持ち制) 勤務体制 病棟(2交替制:2単位、3 交替制:2 単位、2 交替3 交替混合1単位)外来・手術室(日勤) 勤務時間の例 表作成

 

兵庫あおの病院看護部紹介
兵庫あおの病院看護部紹介

看護部の活動(あおの保健室)

平成28 年6月5 日、陸上自衛隊青野原駐屯地の創設40周年記念行事のとして自衛隊青野ヶ原駐屯地にて開催しました。(平成19 年より開催)
  当日朝より小雨の中、350 名を超える来場者がありました。看護部を中心に検査科、放射線科など病院全体で取り組み、一番人気は血管年齢測定でした。キッズの白衣体験で初め子供さんは恥ずかしそうに白衣を着て写真のポーズをとっていました。「あおの保健室」の活動を通して地域にお住まいの方と交流を持つことができました。

平成28年11月26日(土)いいふろの日に合わせ、病院移転後はじめてとなる看護師長会主催の「あおの保健室」を近隣施設の白雲谷温泉ゆぴかにて開催しました。
 当日は晴天に恵まれ、45名の方々に参加していただきました。
 参加者の方は温泉施設を利用され、健康管理に関心が高い方だからか、開催時間前から積極的にお声がけをいただきました。また、病院タペストリーをご覧になりながら、病院の所在地や外来の診療内容のご質問をいただきました。あおの病院を知っていただくよい機会となりました。健康相談や身体計測を行うことで、気にはなっているけれどもなかなか調べること、相談する事ができない体の状態を知ることに繋がり、地域の方々の健康管理に少し貢献できたかな??思いました。

看護部の活動(支援講座)

第22 回支援講座を平成28 年6月23日に開催しました。(平成18年より開催)参加者 67名

今回は、「日々の仕事の中でできる摂食・嚥下への援助について」藤岡言語聴覚士に講演と演習を行いました。演習では、院内摂食嚥下認定看護師が支援し、正しいとろみの作り方を学び、変形・拘縮のある患者の体勢で作ったとろみ茶を実際に食べてみるという患者体験を行いました。参加者からは、「症例や内視鏡の画像を用いた説明がわかりやすかった。」「自施設で活かしたい」という意見が多く聞かれました。


第23 回支援講座を平成28 年11月17日に開催しました。(平成18年より開催)参加者48名

「お口すっきり口腔ケア」~ちょっとしたコツ・ポイント~ 

公益財団法人兵庫県歯科衛生士会在宅療法指導(口腔機能管理)認定歯科衛生士 小林 善子氏を講師に迎え口腔ケアの基本からポイント&コツ、困難なケアの事例を通しての講義がありました。「Kポイントを使い開口を促すこと、実際に染色をしてみて口腔ケアの方法が再確認でき、わかりやすかった」「繰り返し実施していくことで口腔内が良好な状況に変化していくことがわかったので自施設で役立てたい」などの意見がありました。