兵庫あおの病院 兵庫あおの病院

教育理念

兵庫あおの病院看護部の理念や基本方針を理解し、患者さま一人ひとりを尊重し、「心のかよう、やさしい看護」が提供できる自立した看護師の育成を目指します。

教育目標

1.看護の専門知識や技術を習得し、質の高い看護を提供できる看護師を育成する。
2.専門職業人として自らの行動に責任を持ち、倫理観に基づいた看護が実践できる看護師を育成する。
3.円滑な人間関係を築き、他者と協調しながら協働できる看護師を育成する。
4.主体的に学習・研究に取り組み、科学的かつ創造的な看護を追及し続ける姿勢を育む。

能力開発ACTyナース

「ACTyナース(アクティ ナース)」とは、「技術(Art)」と「理論(Theory)」をもって、「創造(Create)」し、行動する看護を目指すための国立病院機構独自の能力開発プログラムです。

この「看護職員能力開発プログラム」は卒後1年目から概ね5年目までの看護職員の成長を支援するプログラムです。5年間の経年別プログラムを修了し、国立病院機構理念に沿った看護を実践することができる看護師を NHO-Actyナースと呼んでいます。

看護部 研修・教育内容のご案内
看護部 研修・教育内容のご案内

教育プログラム

当院の教育プログラムは、国立病院機構の「看護職能力開発プログラム」を基盤に、兵庫あおの病院が担う医療・看護が実践できる看護職員の育成を目的としています。看護師一人ひとりが自分の目標と課題を明確にし、着実にステップアップできる研修を行っています。

 

看護部 研修・教育内容のご案内
看護部 研修・教育内容のご案内

研修風景

研修風景1年目

研修風景2年目

研修風景3年目

研修風景4年目

研修風景5年目

キャリアアップ研修

兵庫あおの病院の院内認定重心看護師制度は、重症心身障害児(者)看護において特定専門領域研修(院内認定コース)を受講し、その分野において熟練した看護知識と専門性の高い知識を習得した看護師の育成を目的としています。

目的:重症心身障害児(者)の特徴を踏まえ、熟練した看護技術と専門知識を用いて質の高い看護を実践することができる。

目標:

  1. 患者のQOLの維持を目指して、個別性、専門性の高い看護を実践する能力を育成する。
  2. 専門知識と実践力を基盤として、看護スタッフ(看護学生含む)の指導、相談を行うことができる能力を育成する。
  3. 主体的に臨床実践能力向上に取り組む姿勢を育成する。

設定分野
(1)摂食・嚥下 (2)呼吸管理 (3)行動障害 (4)排泄ケア

 

 

看護部 研修・教育内容のご案内
看護部 研修・教育内容のご案内

インターンシップ

「トライやる・ウィーク」
 平成28年5月30日から6月3日の5日間「トライやる・ウィーク」として、病院で働く人や仕事を知るという目的で、小野市立小野中学校の2年生6名を迎えました。
 看護体験では、配膳や洗髪、散歩などの援助を通して、実際に患者さんから声をかけていただき「ありがとう」や「頑張ってね」の言葉は学生さんたちの心に響き、人の役に立ったという実感につながりました。健康の大切さや相手の気持ちになって考えること、人を思いやる心の大切さを学ばれていました。最後の日は、みんなで白衣を着て写真を撮りました。少し照れながらも、憧れの白衣にみんな笑顔で嬉しそうでした。

「社高等学校インターンシップ」
 今年初めて「兵庫県立社高等学校のインターンシップ」を受け入れました。 
看護医療類型の2年生 6名(男子3名、女子3名)を迎え、12月12日(月)から12月14日(水)の3日間、病院の様々な職種仕事を見学・体験を実施しました。最終日には「一般病棟以外にも重心の病棟があって様々な役割があるんだなと思った。」「看護の面白さを感じ、より看護師への興味がわいた。」「看護師だけでなく、色々な職種を見られたので、自分の視野が広がった。」などの意見がありました。今回のインターンシップが看護・医療職の道へ進んでいくための参考になることを願っています。

「看護学生の皆様へ」
 当院への就職を考えられている皆さま、看護師と一緒にケアを行い、看護の実際を体験してみませんか。インターンシップについて詳しくはこちらをご覧ください。